第20話 今年の夏もビールがうまかったということで今回は酒税法のお話し

%e7%8b%ac%e3%82%8a%e8%a8%80

今年の夏も相続税の申告終了と同時に仙台の街中にくりだし、藤崎ビアガーデンを何度も利用してビールをがぶ飲みして打ち上げしておりました。しかし、このビール業界にも酒税法改正の嵐が吹く日が近く来るかもしれません。

 財務省は、ビール系飲料にかかる酒税の税額を統一し、ビールの定義も約110年ぶりに見直す方向です。ビールより税金が安い「発泡酒」や「第3のビール」の開発競争が過熱しておりましたが、ビールを減税して名乗れる対象も広げることで、海外で通用するビール開発につなげたいという考えだそうです。
 1908年に麦芽やホップを使い、麦芽の使用比率は67%以上と法律で定めていましたが、オレンジピール(果皮)のような香料を使うことを認めて、麦芽比率も引き下げる方向で見直すようです。
 ベルギービールなどはオレンジピールやハーブなどを使っていて、麦芽比率も50~67%が多いそうです。日本では発泡酒の扱いですが、麦芽が25%未満の日本メーカーの発泡酒と違って、ビールと同じ税金を払う規定になっておりまして、欧州連合(EU)が見直しを求めていました。

これらは「酒税法」における酒類の種類・品目という分類の違いによるものです。

まずビールと発泡酒の違いは、 ①麦芽使用率と②使用原料の二面から定められています。酒税法上「ビール」に分類されるためには、麦芽を原料の3分の2以上使用し、副原料

においても政令によって使用できるものが限定されています。(麦芽や麦、ホップ、米、とうもろこし、でんぷん等)
 一方、発泡酒は麦芽使用率が3分の2未満、ビールとしては使用できない原料を使用している場合で、麦芽、麦を原料の一部とした発泡性を有する酒類とされています。
 これに対して新ジャンルと呼ばれるお酒は、酒税法では「その他の醸造酒」あるいは「リキュール」に分類される酒類です。
 麦芽、麦以外を主原料に使ったものは「その他の醸造酒」に分類され(サントリー商品では『ジョッキ生』があります。)、また、従来の発泡酒に麦由来のスピリッツや蒸溜酒などを加えた製品は「リキュール」に分類されます(サントリー商品では『金麦』があります)。
 いずれも、各社、製法の工夫によって低価格ながらも、ビールに近い味わいを実現させるべく努力を重ねております。
 年末にかけて与党やビール業界と調整し、来年度税制改正に盛り込むことをめざすようです。

 税理士の立場からいえば、企業努力をもう少し認めてあげてもらいたいというのが本音です。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。