第35話 まさかまさかのドナルド・トランプ氏の勝利…

%e7%8b%ac%e3%82%8a%e8%a8%80

今年の仙台は、気温の変化が激しすぎます。昨年よりも19日も早く初霜が観測されました。車のタイヤもスタッドレスに交換して一安心していた時に、ドナルド・トランプ氏がヒラリー・クリントン氏を破り、アメリカ大統領選挙に勝ったとのビッグニュースが流れました。これには驚きました。しかも、アメリカ全体での得票数はヒラリー氏6084万票、トランプ氏6027万票と、トランプ氏のほうが57万票も少なかったようです。ヒラリー氏は得票数で勝っているので、支持率でリードという事前調査は間違っていなかったみたいです。では、なぜトランプ氏が第45代アメリカ大統領になれたのか。これには、アメリカ大統領選挙の仕組みについて説明しなければなりません。

アメリカの大統領選挙は4年に1度、オリンピックの年に約1年かけて行われるアメリカ最大のイベントです。日本の首相が、ほとんどの国民の関係ないところで選ばれるのと違って、アメリカ大統領は、形は間接投票ですが「国民が選ぶ」という点が大きく違います。

アメリカの議会は、民主党と共和党の二大政党が争っていて、大統領もこの百年以上、どちらかの政党から選ばれています。大統領選は、大きく分けて、民主・共和両党の候補者を1人に絞る「予備選挙」と、両党の候補者から大統領を選ぶ「本選挙(一般選挙)」とがあります。民主党は6人、8年ぶりの政権奪還を狙う共和党は18人が立候補を表明しました。(オバマ大統領は、すでに2期の8年間大統領を務めたので、今回の選挙にはでられません。)

 1月から7月まで、共和党では全米50州で「予備選」または「党員集会」が行われます。(予備選は非公開投票、党員集会は公開投票で、州によって異なります)。この予備選・党員集会では、各州の有権者が、自分が選びたい候補者を支持している「代議員」に投票します。たとえば、クリントン候補に投票したい人は、クリントン氏を支持している代議員に投票するわけです。代議員は、州によって人数が異なり、人口に比例して配分されています。この結果、各候補が得票に応じた代議員の人数を獲得し、この獲得人数が多い方が優位に立ちます。

 こうして、次々と各州で予備選挙が行われていきますが、その過程で、勝ち目がないと思った候補者は自分から撤退していきます。そして予備選挙の最大のヤマ場は「スーパーチューズデー」と呼ばれる3月第1週の火曜日(今年は3月1日)を迎えます。今回はアーカンソー州、テキサス州など10州以上で予備選・党員集会が行われました。その後も7月末まで、各州で予備選挙が行われ、党の「大統領候補」が1人に絞られます。

 そして共和党(7月18日)、民主党(7月25日)に行われる「全国党大会」で、全国の代議員が集合し、党公認の大統領候補が指名されます。その後、いよいよ「本選挙」の選挙戦に突入するわけです。本選挙は、共和党候補と民主党候補の「一騎討ち」となり、約2カ月間の選挙戦に入ります。

 そして、いよいよ本選挙の投票です。「一般投票」つまり有権者が投票する日は11月8日。ここでも、有権者は各州の「選挙人」を選んで投票します。選挙人は、予備選の時の「代議員」と同じように、どちらの候補を支持しているか表明しているので、有権者は、どちらかの党のグループに投票し、間接的に大統領を選ぶわけです。

 そして開票。これがまた面白いシステムで、その州で1票差であっても最多得票となった政党が、その州全体の選挙人の人数すべてを獲得できるのです(「勝者独占方式」と呼ばれています)。この方式のために、激戦州フロリダ、オハイオ、ノースカロライナ、ペンシルベニアの各州で、接戦の末にトランプ氏が勝利をした結果、大統領になれたのです。

 このような形で、各州の勝者と、獲得した選挙人の数が決まります。選挙人は全米で538人存在しているので、その過半数の270人以上を獲得した候補者が、大統領となるわけです。その後も形式だけですが、選ばれた選挙人が集まって12月に投票し、開票は来年1月に行われ、1月20日に正式に新大統領が就任します。

 共和党大統領誕生ということで、ブッシュ時代のように相続税は廃止されるでしょうね。法人税についても現行35%から15%への大幅減税を主張しています。

 なにかと話題に事欠かない大統領であることは確かです。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。