%e7%8b%ac%e3%82%8a%e8%a8%80

第84話の続きですけれど死後離婚した場合に、遺族年金はどうなるかの答えは、「もらえる」ことになります。

「姻族関係終了届」を提出して夫の親族との縁を切っても、「復氏届」を提出して旧姓に戻しても、「新戸籍」を作って夫の戸籍から抜けても、遺族年金をもらい続けることができるのです。

というのも、遺族年金をもらう権利を失うのは、以下に該当した場合との定めがあるからです。

  • 受給者が死亡したとき
  • 受給者が婚姻したとき
  • 受給者が直系血族または直系姻族以外の者の養子になったとき
  • 離縁によって死亡した被保険者との親族関係が終了したとき(離縁=養子縁組解消のこと)
  • 30歳未満で遺族厚生年金のみ受給している妻(子がいない妻)が受給権発生から5年を経過したとき

 

そういえば、第6話で後妻業の話をしましたが、主人公の小夜子が遺族年金欲しさに大富豪と結婚後に殺した後、結婚しなかったのは、こういう理由があったからです。

 

 もちろん、死後離婚によって遺産相続をもらえなくなることはありません。

 遺産相続の権利は、配偶者が亡くなった時点の関係性(相続人であるか)で判断されるため、夫の死後にどうしようとも遺産相続を受けることができます。

なお、夫の死後に舅や姑が亡くなった場合は、死後離婚してもしなくても子供(姑にとっての孫)にその遺産相続の権利がいきます。

 

あとお墓の問題なのですが、夫婦だから、親族だからといって、同じ墓に入らなければならないということはありません。もちろん、そんな法律もありません。ですから本当は、同じ墓に入りたくないという理由で「姻族関係終了届」を提出する必要はないのです。

とはいえ、夫の親族に「なぜ嫁に来たのにうちの墓に入ってくれないの?」「うちのお墓を守り続けてね」など言われると、断りにくいものがありますよね…。そんな時は「姻族関係終了届」で夫の親族との関係を断つことが手っ取り早いと思われます。

ただ、姑と同じ墓に入りたくないけれど、夫の墓参りはしたい…なんていう場合は注意が必要です。

絶縁状を突きつけられた姑が、「縁を切ったのなら墓にも近づかないで!」と怒ってしまう可能性がありますので…。

 いかがでしたか?

 死後離婚については期限はありませんので、じっくり考えてベストな選択をしていただければと思います。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。