第132話 リオネル・メッシの脱税容疑

%e7%8b%ac%e3%82%8a%e8%a8%80

バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、スペインの最高裁判所から脱税容疑について有罪判決を受け、懲役21カ月を言い渡されました。大手メディア『ESPN』やイギリスメディア『BBC』など複数メディアが報じています。
 メッシは2013年6月、父親のホルヘ・メッシ氏とともに、2007年から2009年までの3年間に渡って所得税を脱税したとして税務当局に告発されました。当時の報道で伝えられたところでは、脱税額は3年間の合計で400万ユーロ(約5億円)を超えます。メッシは課税回避の目的で、肖像権を租税回避地(タックス・ヘイブン)の企業に譲渡したように見せかけ、収入を減少させ不正な納税申告をしたと伝えられていました。
 そして昨年7月6日、メッシは罰金と懲役21カ月を科されましたが、これを不服とし最高裁判所へ上告して審理を要請しておりましたが、懲役21カ月の求刑は変わりませんでした。ただ、父親のホルヘ氏に関しては不正に得た金銭の返還に協力したことで、求刑が15カ月へと短縮された模様です。
 報道によると、スペインの法律では2年以下の懲役刑には執行猶予が付いていることから、メッシは収監を免れる見通しです。
 なお『ESPN』は今回の報道に際して、メッシがバルセロナとの契約延長について話し合いを行っていると伝えています。渦中にある同選手だが、バルセロナでのプレー続行が有力との見方が示されております。

それでは、もしメッシのように5億円もの脱税が日本で発覚したならばどのような扱いになるのでしょうか? 

次回はこのことについて書いてみたいと思います。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。