第152話 藤井聡太四段を取り巻く法律の謎 (1)

%e7%8b%ac%e3%82%8a%e8%a8%80

史上最年少で将棋のプロ棋士となったあと、公式戦で一度も負けずに連勝を続けている最年少棋士藤井聡太四段が30年ぶりの連勝記録更新をかけて、26日午前に始まった竜王戦決勝トーナメント1回戦が現在行われています。

 公式戦の最多連勝記録となる29連勝に挑んでいる藤井聡太四段は、14歳の中学3年生。現在、18歳未満のプロ棋士は藤井四段ただ一人です。年上との対局をハイペースでこなし、時には深夜に及ぶ長時間の対局もありますが、中学生の「深夜労働」に問題はないのでしょうか?

 注目の一局となる26日の竜王戦決勝トーナメントは、午前10時開始で持ち時間が各5時間。食事休憩も挟むため、終局は午後10時を過ぎるとみられています。終局後には記者会見も予定され、すべて終わるのは27日未明となる可能性もあります。実際、26勝目となった今月15日の順位戦(持ち時間各6時間)は、午前10時に始まり終局は午後10時53分。藤井四段が会場を後にしたのは午前0時過ぎでした。

 労働基準法では、18歳未満の深夜労働(午後10時~午前5時)が原則的に禁じられています。もっとも、労働基準法が適用されるのは、事業主から雇用されている「労働者」の場合で、棋士も含めた「個人事業主」の場合は別です。日本将棋連盟は「棋士の労働時間に制約はなく、対局時間も棋士の意思に委ねられている」と説明しています。

 通っている名古屋大学教育学部付属中学によりますと、藤井四段は対局の翌日も他の生徒と同様、授業に出席しているとのこと。連盟は「勉学への支障がないように最大限配慮していきたい」として、今後は対局をなるべく土日に設ける方針を示しています。

 それでは、大人顔負けの収入が予想される納税についてはどうなのでしょうか?

 これについては、結果ととともに次回にお話しします。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。