第153話 藤井聡太四段を取り巻く法律の謎 (2)

%e7%8b%ac%e3%82%8a%e8%a8%80

 とうとう藤井聡太四段、公式戦無敗のまま歴代最多記録となる29連勝を達成しました。

 これがどれだけすごいことかというと、私の好きな野球に例えると、高卒の新人投手がプロで29連勝するのと同じくらいすごいことです。

 棋士(プロ棋士)の年収は、対局で獲得した賞金、講演会、指導料、将棋連盟から支給される基本給などがメインとなります。特にその中でも大きく年収に関わるのが対局です。
 獲得した賞金が年収に大きな影響を与えます。対局によって収入が変わってくるのですが、対局の重要性で多くの賞金がもらえます。

基本給はランクにより変わり、A級:65万円 B1級:50万円 B2級:33万円 C1級:21万円 C2級:17万円 といわれています。

 またその月給以外にそれをベースにした基本給2か月分のボーナスも年2回に分けて支払われています。藤井聡太四段は、プロになりたてなので、C2級と予想されます。つまり月給年総額204万円とボーナス年総額68万円の合計272万円の金額が保証されているという事になります。

それに加え、現在負けなしで勝ち進んでいますから、獲得賞金がすごいことになりそうです。竜王戦6組で優勝しておりますので既に「90万円」の賞金を手にしています。

次に対局料です。

1…藤井聡太四段 対 増田康宏四段 …対局料「46万円」

2…藤井聡太四段 対 佐々木勇気五段 …対局料「52万円」

3…藤井聡太四段 対 阿久津主税八段 …対局料「77万円」

4…藤井聡太四段 対 久保利明王将 …対局料「120万円」

5…藤井聡太四段 対 松尾歩八段 …対局料「165万円」

6…藤井聡太四段 対 右ブロックの勝者(羽生善治三冠が有力)…対局料「450万円」

7…藤井聡太四段 対 渡辺明竜王 …竜王タイトル獲得賞金…「4320万円」 負けても「1590万円」の賞金

対局料は、勝っても負けても与えられます。昨日時点で、竜王戦5組で優勝した増田康宏四段を破りましたので、対局料「46万円」と「52万円」は保証されることになります。
 次回はこれらにかかる税金のお話をします。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。