第162話 日産リーフ 対 トヨタMIRAI

%e7%8b%ac%e3%82%8a%e8%a8%80

先日、研修にて名古屋に行ってきました。さすがトヨタ自動車の「お膝元」だけあって、仙台では全くといっていいほど見かけない燃料電池自動車MIRAIを何台もみかけました。

環境対応車として期待を集める電気自動車(EV)と燃料電池車(FCV)。これらのクルマを実際に走らせると、「電費・燃費」はどれくらいになるのでしょうか。

私も実際、環境と燃費を考えて日産リーフに乗っています。興味がありましたので少し調べてみました。日経BP社が発行する自動車技術専門誌「日経Automotive」では2016年1月、日産自動車「リーフ」とトヨタ自動車「ミライ」の実燃費を測定、比較しています。その結果、車両に投入するエネルギー量が同じなら、リーフがミライの2倍以上の距離を走れることが分かりました。

これは非常に大きな差です。なお実験では、参考のために米Tesla Motors(テスラ)のEV「Model S」の高速走行時のデータも測定しています。同車の単位エネルギー当たりの走行距離は、暖房ありで4.7km/kWhとミライの2.8km/kWhを上回ります。ちなみに「リーフ」は、同じ条件で6.4km/kWhでした。車両質量が2t(トン)以上とミライより重いEVでも、FCVよりエネルギー効率に優れることが分かっています。

MIRAIには水素ステーションが必要で、現在41か所を予定しています。

これに対してリーフには充電ステーションが必要、NCS急速充電スポットは約2,500基あり、日産販売店舗急速充電器約1,600基と合わせて、約4,100ヵ所が予定されています。(充電可能スポットは合計6,460箇所)

水素ステーションの設置には約4億円かかり、ガソリンスタンドの8千万円に比べて非常に高いです。経産省は補助金や規制緩和などでコスト低減を図り、水素ステーションの設置コストを欧米並みの2億円程度に引き下げる目標を掲げFCVの価格も2025年までに200万円台まで引き下げるといっていますが、いずれも実現の見通しはいまだ立っておりません。ちなみにEV用充電スタンドの建設コストは585万円と見積もられています。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。