第180話 相続が争族にならないために (6)

%e7%8b%ac%e3%82%8a%e8%a8%80

 ~ 誰もが被相続人候補 ~

 

 諸々の事情から「勝たなければならない相続」というものもあると思います。しかし、「もめたら負け」というのは厳然たる事実です。税務上も、未分割状態ですと小規模宅地の特例は使えないなど、その代償としての不利益はいくつもあります。

 やはり、被相続人の元気なうちに、話し合っておくことが最善です。

 もちろん、家族会議でもめるかもしれません。でも、どうせもめるのなら生きているうちの方が格段に良いのも確かです。どんなに喧嘩したとしても「一度も話し合っていない」という家族に比べて「争族」になる確率は格別に下がります。

 重要なのは、話し合いを誰がリードするかです。そもそも誰を被相続人に想定しているかという基本問題を考えないといけません。多くの場合、最年長者で、最も資産がある方を、何の疑いもなく唯一の被相続人候補に仕立てていないでしょうか?これは実は、大変おかしな話です。「突然の不幸にも備えておく」のならば、出席者全員について「いざ」の場合について話し合いをすべきです。

 死を連想する相続は、タブー視される傾向はいまだにあります。それでも話し合っておかなければならないとしたら、家族がお互いを最大限尊重し、心からの信頼の上で会話を成り立たせることが絶対条件となります。そうした認識の上に立っているからこそ、生前の話し合いが遺言書の何倍も力強く、相続対策としての効果を発揮するのです。

 そのように考えると、話し合いの招集者は「必要性を認識した人」となるでしょう。どうぞ皆さん、相続対策を誘導してください。そして多くの人に相続について話し合う必要性を説いてください。

 親が残した財産が元で身内が争うことは、不幸なことです。大切な人を亡くした悲しみが、さらなる悲しみを生むきっかけにならないように願うばかりです。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。