第184話 税務調査や税務相談にAI(人工知能)をフル活用? (2)

%e7%8b%ac%e3%82%8a%e8%a8%80

 前回の続きです。

 まず、「納税者の利便性の向上」について考えてみます。

 マイナポータルやe-Taxのメッセージボックスを通じて、個々の納税者のニーズに合わせた税情報をタイムリーに配信できるようにします。

 例えば、不動産を売却した人への申告の案内や、災害発生時に適用可能な税の減免制度のお知らせなど、情報が必要と思われる納税者に対して迅速に提供します。

 また、今現在、電話や対面で行われている税務相談については、相談チャネルの多様化としてメールやチャットを活用するほか、相談内容をAIが分析して、システムが自動的に最適な回答を行う仕組みを整えていきます。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。