第191話 マイナンバー記載率結果報告

%e7%8b%ac%e3%82%8a%e8%a8%80

 平成28年分所得税の確定申告件数2,153万1,751件のうち、マイナンバーの記載があったものは、1,785万1,243件で全体の83%でした。

 国税局ごとに記載割合を見ると、金沢国税局が87%と最も高く、次いで名古屋国税局(86%)、東京国税局(85%)となっています。

 最も低かったのは沖縄国税事務所(66%)で、仙台国税局(78%)と熊本国税局(78%)も80%を切りました。

 なお、消費税の確定申告111万939件のうち、マイナンバーの記載割合は81万2,806件で全体の73%。こちらは、沖縄国税事務所(51%)、大阪国税局(66%)、東京国税局(69%)が70%を割り込んでいます。

 平成28年分贈与税の申告書50万9,232件のうち、マイナンバーが記載されたものは41万6,418件で、全体の82%でした。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。