第193話 マイナンバーのリスクと対処法 (2)

%e7%8b%ac%e3%82%8a%e8%a8%80

 驚くべきことに、マイナンバーの通知カードが届きはじめた2015年暮れ、自分のマイナンバーをブログやTwitterで公開する人が続出しました。

 マイナンバーに反対する人たちによる混乱を狙った行動だと見受けられましたが、行政機関「特定個人情報保護委員会」が、これらの行動に対して注意喚起をおこなっています。

『インターネット等に自らのマイナンバー(個人番号)を公表する行為は、他人がそのマイナンバー(個人番号)を見ることができる状態に置いていると考えられることから、「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」(平成25年法律第27号。以下「番号法」といいます。)第19条の提供制限に違反する可能性があります。』

 インターネット等におけるマイナンバー(個人番号)の公表に対する注意喚起よりまず、自分のマイナンバーを公開することも、同時にそれを収集することも、違法行為として処罰されることがあることを頭に入れておきましょう。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。