第202話 不思議の国の日本 (2)

%e7%8b%ac%e3%82%8a%e8%a8%80

 日本国の借金というのはいったい誰に対してしているのでしょうか?

 国は、「国債」という借金の手形を発行して、お金を集めています。その手形を購入するのは、主に銀行や郵便局、個人です。

 そして、そのお金の出所は日本国民が銀行などに預けているお金です。銀行などは個人の預金を国債の購入や土地、株などに充てています。

 なぜ日本国の借金は、国民一人一人の借金だという風にいわれているのか、その理由についてご説明したいと思います。

 国債を通してお金を貸しているのは銀行や生命保険会社などの機関投資家と言われるところですが、その大元のお金は一般国民の預貯金や保険料です。 

 国民が預けているお金でもって国が借金をしているのです。つまり、日本国民が国にお金を貸している事になります。

 国の財政が破たんすると、これらの債権が回収できないことになりますので、最終的には、日本国の借金は、国民が償う形になってしまいます。

 しかし、日本には政府の資産や海外の資産以上に大きな資産があります。それが家計の金融資産です。この家計の金融資産、残念ながら、日本の家計の貯蓄率がどんどん低下してしまい、最早多くないのが現実であります。そもそも日本人が貯蓄しすぎであるとの意見は現状認識において間違えています。

 国民が貯金すると世の中に回るお金が減りますが、民間企業は銀行からお金を借りて事業を行い景気が良好に向かうというデータもありますが、実際には不況になりますと企業は借金を減らそうとして、ますますお金が世の中に流通しなくなります。つまり、貯金額が多くなると不況になり、それにより企業もお金を活かせなくなり益々不況になってしまいます。

 それでは、このまま日本国の借金が増え続けたら私たちの生活はどうなってしまうのでしょうか?

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。