第237話 マルサの実績 (2)

%e7%8b%ac%e3%82%8a%e8%a8%80

 脱税のうちでも特に悪質なものを対象とする「査察調査」について、国税庁が発表した去年のデータによると、去年の脱税額は総額で161億円、告発分は127億円でした。着手件数では前年を下回ったものの、マルサの「成果」となる告発件数、告発率では直近3年間でも飛びぬけて上回っています。

 告発した事案1件当たりの脱税額は9,600万円。脱税によって得られた資金は、現金、預貯金、有価証券、FⅩ取引の証拠金として貯めこまれていた例が多かったですが、なかには競走馬の購入資金や愛人へのお手当に使われていたケースもありました。

 去年に一審判決が下ろされた査察事案は100件ありましたが、そのすべてが有罪判決を受けております。さらに14人が実刑判決を受け、他の犯罪と併合された結果14年の懲役刑を受けた者もいます。

 次回は、いくつかの事例をご紹介したいと思います。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。