第247話 暴力団の取り締まりに最強の武器 (3)

%e7%8b%ac%e3%82%8a%e8%a8%80

 この工藤会潰しは、「国策」で行われており、今回、野村総裁の逮捕は4度目となりますが、それまでは殺人など凶悪事件の容疑者だったのに、今回は脱税で、暴力団マネーにメスを入れるものです。

 上納金は、工藤会だけでなく、全国の暴力団が、代紋(組の看板)を使う代償として構成員に求めているものです。組織を維持する根幹であり、それをトップの蓄財と認定できたのなら、全暴力団を干上がらせることができます。

 直系組織から月に80万円前後の上納金を受け取る山口組の場合、単純計算で月に6,000万円の収入があり、それが組織の維持活動費となっています。それをトップの収入とし、課税処分を受けたのでは到底、組織は持ちません。

 暴力団包囲網が、どんどん狭まっています。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。