第249話 現代の関所?問題 (2)

%e7%8b%ac%e3%82%8a%e8%a8%80

 この道路について箕面市は6月、これまで大阪府が徴収していた普通車620円に上乗せして、独自の利用税を徴収する案を示しました。具体的な税額は明らかにされていないものの、仮に1回50円とした場合、年間約2億3,700万円の税収になるといいます。日常的に使用する地元住民には割引も検討する見込みです。

 これに反発しているのが大阪府です。実は大阪府は、近くグリーンロードをNEXCOに移管したうえで、道路料金を近畿圏で統一するよう動いていたという経緯があります。もし箕面市が独自の利用料金を上乗せすれば料金水準の統一が実現できません。

 とはいえ、箕面市の提案には法的な根拠があります。つまり、前話でも出てきた「法定外税」を地方自治体独自に置くことが認められているからです。この騒動、今後の成り行きが気になるところです。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。