第262話 終活リフォーム (3)

%e7%8b%ac%e3%82%8a%e8%a8%80

 工事費用そのものを助成してくれる制度もあります。例えば、「要支援、もしくは要介護状態にある」という認定を受けている人が住む住宅をバリアフリー化すると最大18万円が国から助成されます。さらにバリアフリーに向けた取り組みを支援する施設は自治体にもあり、仙台市は対象外ですが、石巻市や気仙沼市、白石市などでは改修工事を助成していますので一度住んでいる市区町村を調べてみてはいかがでしょうか。

 建物の相続税評価額は、固定資産税の評価に基づきますが、リフォーム後の建物の評価につきましては、国税庁は「リフォーム費用の7割分の価値が上昇したとみなす」という判定基準を用いています。現金で持ったままよりも評価額を3割減らすことができるわけで、節税効果は低いかもしれませんが、無駄遣いするよりはよほど有効な相続税対策といえます。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。