第271話 ベーシックインカム (2)

%e7%8b%ac%e3%82%8a%e8%a8%80

 まずは、メリットについて

 

1、収入が増えるのでその分だけ消費も増えます

ベーシックインカムは収入がある人にも支給されます。

働いている人には月々の給料に加えて新たな収入が増えるため、使える金額はとても増えることになります。

例えば月給が30万の人がベーシックインカム10万を貰えば実質月給40万になります。

収入が増えた分ご飯や遊びにお金を使えば消費が増え経済に好循環が生まれるかもしれません。

 

2、働かなくても生活できます

日本国憲法には国民の3大義務が書かれています。

「教育の義務」「勤労の義務」「納税の義務」です。

その内の一つである「勤労の義務」がベーシックインカムを導入するすると免除される可能性があります。

ベーシックインカムは「働かなくても生きていけるだけのお金」を給付します。

その代わりにボランティアをしたり、起業に挑戦したりするなど様々なチャレンジがしやすくなると思われます。

 

3、給付漏れがありません

給付漏れがないとはどういうことでしょうか?

例えば生活保護の場合、周囲の目が気になって申請できないなど今の社会保障制度では必ずしも必要な人全員に給付が行き渡っているわけではありません。

ベーシックインカムであれば、老若男女区別なく支給するので支給漏れという事態が限りなく減少します。

 

4、手続きが簡単、行政コストを減らせます

現在の社会保障制度の場合、例えば生活保護の申請を審査するのに手間がかかります。

その他にも失業保険、年金なども同様に莫大な手間とコストがかかっています。

もし一律に同じ金額だけ支給するとすれば、審査や手続きの時間がかからないので行政コストの節約につながります。

現在日本には社会保険庁と税務署だけで約7万人の職員がいます。

手続きが簡単になればこうした職員の数が減らせ人件費も節約できるようになると考えられています。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。