第272話 ベーシックインカム (3)

%e7%8b%ac%e3%82%8a%e8%a8%80

 今度は、デメリットについて

 

1、働く意欲がなくなりニートが増えます

デメリットとして多くの人が思い浮かぶのは、生きていけるだけのお金をもらったら人は働かなくなってしまうことが考えられます。

ベーシックインカムを貰った人の労働意欲が減退してしまうとその国の経済に悪影響を与えてしまいます。

もし、一部の人だけならばよいのかもしれませんが、国民の大部分がそうなってしまうと国の財政が破綻してしまいます。

後でもご紹介しますが、現在ヨーロッパのいくつかの国ではこうした影響を測定するための実証実験が行われています。

 

2、巨額な支出になるため財源の確保が困難

次にデメリットとして挙げられるのが財源の問題です。

全ての国民に最低限の生活ができるぐらいのお金を配るというと日本の場合毎年数十兆円~100兆円ぐらいのお金がかかります。

それだけのお金をどこから持ってくるのかは非常に難しい問題です。

新しい税金を導入するのか?それとも年金などに使われる社会保障費を流用するのか?

いずれの場合も大きな反対を受けることは必至です。

 

3、現行の社会保障制度が縮小されます

現実的な手段として多くの国ではベーシックインカムの財源として社会保障費に目が向けられています。

しかし、社会保障費を削減すると必然的に今までの社会保障制度は縮小せざるを得ません。年金は受け取れなくなります。生活保護も受け取れなくなります。医療費負担も増えるかもしれません。

こうしたデメリットはしっかり検討すべきでしょう。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。