第274話 ベーシックインカム (5)

%e7%8b%ac%e3%82%8a%e8%a8%80

ですが実現への壁は高いです。ここまで読むと、負担は増えないのに毎月7万円も貰えるなんてベーシックインカムいいのでは?と思う方もいるかもしれません。でもそんな簡単な問題ではありません。

ベーシックインカムを導入することは年間100兆円に達する社会保障のあり方を根本的に変えるものです。

必然的にひずみが生まれ、様々な問題が生じます。

例えば、今まで社会保険料として国民年金や厚生年金を納めてきた人は将来年金が貰えなくなります。

一方でまともに社会保険料を払ってこなかった人もベーシックインカムを受給できる権利があるのは不公平に感じられるかもしれません。

また、基本的に月7万7千円以外の社会福祉が無くなるため、障害者や介護が必要な老人などにとってはこの額で生活するのは厳しく、別途対策が必要になるでしょう。

その他にも、ベーシックインカムのデメリット部分をどう解消するべきかを議論していく必要があります。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。