%e7%8b%ac%e3%82%8a%e8%a8%80

相続税の大幅な改正で課税対象者は2倍近くに増加しましたが、一定の財産がある人にしか相続税は発生しません。これに対して相続という事実は、財産の多い少ないにかかわらずどんな家庭にも必ず起こります。そして相続財産をどう分けるかで残された家族がもめるという話は、相続税がかかろうとかかるまいとどんな家庭でも起こりうることなのです。むしろ統計的には相続税がかからないレベルでもめているケースの方が多いくらいです。

「相続税対策」とは、節税対策と納税資金対策のことです。一方、「相続対策」は、せっかく親が残してくれた財産をどう次世代に引き継いでいけば一番有効に活用できるか、そしてそのためにも相続人間のもめごとをいかに回避していくかといった対策です。

相続財産の一番有効な活用方法が、時として他の活用方法よりも相続税が高くなってしまうこともありえます。あるいは、税負担を抑えるための様々な方策が、かえって相続人同士の争いを助長してしまうかもしれません。

重要なのは、相続税対策と相続対策のどちらを優先するのか、もしくはそのふたつをどう組み合わせていくのかということです。

そのことを理解しないで相続税対策や相続対策をしてしまうと、相続が失敗に終わるということになりかねません。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。