第282話 広大地の評価 (1)

542f3c6fe2da0c086bec32c757a47d41_s

 今まで、広大地の評価については、通常の土地よりも大幅な減額が認められてきました。

「なんで広い土地なのに減額していいの?高く売れそうなのに」 と思う人もいるかもしれません。

 しかしこの広大地評価は、単純に広いだけで使えるわけではありません。広くて、かつ、もしこの土地を売るとしたら、買う人が戸建て分譲業者くらいしかいないような土地に使えるのです。

 例えば、この土地を売りにだしたら、マンション業者さんが、「私たちがこの土地買って、マンション建築しますね」というような土地であれば、この広大地評価は受けられません。マンションには建築できる地域と、建築できない地域があります。建築できない地域にある場合には、マンション業者さんはその土地を買ってくれません。 マンション業者さんは買ってくれないので、仕方なく、戸建て分譲業者さんに話を持っていきます。広すぎる土地を戸建て分譲販売する際には、奥の方に住む人のために、道路をひかなければいけないことがあります。 こういった場合、道路分面積について戸建て分譲業者さんに買い叩かれてしまいます。

 このように、次の条件に当てはまる土地の場合には、実際の面積よりも、売却しようする際には、随分と値引きされてしまうのです。

・広すぎる土地

・マンションや商業施設の建築ができない地域で、戸建て分譲業者しか買い手がつかない

・戸建て分譲販売をする際に、道路を通さないと販売できない

 

 これらの条件を満たした場合には、広大地評価を適用することができ、大幅な減額が認められていました。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。