第289話 領収書と収入印紙のお話 (1)

1d158984eba69904192c0a9ca61259e4_s

 領収書発行が手書きの場合は、宛名を書いて、金額を書いて、但し書を書いて、お店のハンコを押す。単純作業ですが、ちょっとだけ面倒ですよね。

  平成26年4月1日から、印紙税が改正されて、5万円以下であれば、印紙が不要となりました。

 

 では、突然ですが問題です。

 「領収書の金額が53,000円だった場合、100%印紙を貼らなければならないでしょうか?」

答えは「No」です。100%ではありません。

領収書の端っこに、内消費税の金額を記入する欄がありますよね。ここに消費税が記入されている場合、領収書の金額には、消費税が含まれているということになります。そうなると、税抜きの価格は5万円を切ります。

この場合、5万円以下なので、収入印紙は不要となります。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。