第298話 使途不明金と相続税(2)

4f1de3f438a794778d080bdd6ec63319_s

 使途不明金であっても、国税は相続財産があることを立証しなければ、相続税の課税はできないはずです。調査官がよくいう「わからないなら相続財産と見るしかないですね」という指導を受けたのならこの指導は明らかに間違いです。

 にもかかわらず、このような指導がなされるのは、使途不明の出金について相続税を課税したケースについて、国税が裁判で勝った事例があるからです。

 ただ、国税が勝った事例の多くは、被相続人が亡くなる数日前に被相続人名義の預金口座から多額の預金を引き出すようなあからさまな財産隠しが疑われるケースです。先の金塊のケースは、死ぬ直前に持ち出した実績がありませんので、国税が勝っている事例とは大きな違いがあります。

 あからさまに使途をわからなくさせているようなものが相続財産になりうるわけで、使途がわからないから相続財産になるわけではありません。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。