第313話 セルフメディケーション税制 (2)

dbc092982da644afcab5a4e103cc6786_m

 セルフメディケーション税制では、適切な健康管理の下で医療用医薬品からの代替を進める観点から、以下のいずれかの「一定の取組」をされていることが必要です。

(1)健康診査

①保険者(健康組合、市町村国保等)が実施する健康診査
   例:人間ドック、各種健(検)診

②市町村が健康増進事業として行う健康診査
   例:生活保護受給者等を対象とする健康診査

(2)予防接種

①定期接種   例:肺炎球菌感染症等

②予防接種   例:インフルエンザ等

(3)定期健康診断

勤務先で実施する定期健康診断(事業主健診)

(4)特定健康診断

①特定健康診査   例:メタボ健診

②特定保険指導

(5)がん検診 市町村が実施するがん検診

 

注意点としては、任意で受診した健康診査(全額自己負担)はこの「一定の取組」には含まれませんが、インフルエンザの予防接種は全額負担であっても、「一定の取組」とされることになります。ただし、日本で認可されていないフルミストは対象外です。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。