第353話 祝賀パレード (1)

2b0cca1f0f4ffe3230cf1a13ec3c8f65_s

 杜の都に、再び羽生旋風が吹き荒れそうです。金のネクタイで定例会見を行った宮城県の村井嘉浩知事は、祝賀パレードの準備を仙台市、宮城県警と協力して進める指示を出したことを明らかにしました。仙台市役所スポーツ課は早速準備に着手しています。
 実施日は、4月22日の日曜日。
14年ソチオリンピックの時は、4月26日に仙台市内の東二番丁通で開催。約880メートルの沿道に9万2000人が集まり、盛大に祝福しました。今回は連覇だけに、さらなる人出が見込まれます。当時は県が特製Tシャツを販売し、売り上げをパレードの費用にあてました。今回も同様に税金を使わないよう、工夫して財源を確保します。
 仙台市では同時に、66年ぶりの偉業を形に残す検討にも入りました。市内の「五色沼」は日本のフィギュアスケートの発祥地とされており、男女ペアの像と碑が立っています。昨年4月には、トリノ五輪金の荒川静香、ソチ五輪金の羽生、仙台ゆかりの金メダリスト2人の碑が地下鉄国際センター駅前に設置されました。その場所に碑を追加するか、ブロンズ像を建てるか、記念館を造るか…。いずれにせよ、羽生結弦という唯一無二のスケーターを表すにふさわしい形をこれから探っていきます。新たな羽生の聖地となることは間違いなさそうです。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。