第357話 割に合わなくなった海外移住 (3)

df8128b332b462ba79cc98fae3d0756a_m

 海外取引については、従来から国税が課税強化を打ち出しており、本改正についても、その方向性に則った改正になります。ただし、この改正には問題も多くあります。
 10年に延長されるとなると、贈与税の節税を考えて国外に移住されていた方にとっては、非常に酷な話になりますし、国外取引を取り締まる国税にとっても、大きな負担になります。過去10年間の記録を税務調査する必要があるからです。
 加えて、10年も国外にいなければ贈与税の負担は回避できないわけですから、やるとすれば日本に戻らない覚悟で移住する必要があります。こうなると、税金を納める富裕層の海外移転がますます加速され、日本の税収に悪影響を及ぼす可能性も指摘できます。

  しかし海外での生活は、さまざまな苦労が生じます。気候や風土、食べ物の違いは、年を経るごとに心身にこたえてくるもの。日本の友人や親族、仕事仲間などの人間関係も疎遠になるでしょう。

 節税のためとはいえ、割に合わなくなった節税策といえそうです。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。