第358話 夢のマイホーム (1)

87cbc1cdca2b269d501f78aea3bfc9d4_s

 マイホーム取得にあたっては、建築費ばかり意識しがちですが、土地建物を取得しますと、いくつかの税金がかかることも覚えておきましょう。

 まず取得したマイホームを登録するときに納めるのが国税である登録免許税。これは不動産の登記をする時点でかかる税金で、家屋には税額軽減がはかられ、新築登記では0.15%ですが、売買などの移転登記をすると0.3%と割高になります。

 そして登記した数ヵ月後には、不動産取得税がやってきます。こちらは都道府県が課す地方税で、土地や家屋を売買や新築、あるいは贈与などによって取得することで生じます。納税通知書などによって銀行などで納めることになります。通常は4%ですが、マイホームは3%以下になります。さらに建物には消費税がかかり、不動産業者に支払う仲介手数料については、土地建物区別なく消費税がかかります。

 残念ながらこれらの税金には節税策などありません。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。