第367話 固定資産税 (1)

8b21cd2ee8c449fb672f78d9b7b8d081_s

 近年になって役所の手違いで固定資産税を払い過ぎていたという事例が頻発しています。固定資産税は一度間違った請求をされると不動産を手放さない限り発生します。今回は、固定資産税の請求が間違っていないか自力でチェックする方法を紹介します。

 まず固定資産税の過大請求で一番多いのが「住宅用地の特例措置」の適用漏れです。その中でも気を付けたいのが、「小規模住宅用地」に対する軽減です。

 この制度は、以下のような制度です。

  • 住宅に使用される宅地面積のうち、1戸につき200㎡以下は土地の課税標準額(税額の算定基準になる評価額)が6分の1になる
  • 広い土地の場合でも、200㎡を超えた部分の課税標準額が3分の1に軽減される

 

 一般的な戸建ての場合、30坪~40坪の物件だとしたら固定資産税が20万円を超えていたならば異常値であると考えてください。古い戸建ての場合、10万円いくかいかないかが相場です。

 

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。