第377話 相続時精算課税 (1)

b97be274ad9460b90a1eab432e1d7d1d_s

 平成15年から贈与税の課税方法は暦年課税と相続時精算課税の二種類に分かれました。通常の贈与税は暦年課税という方法で、一年間の個人から個人への贈与額の合計に対して贈与税が計算されます。この暦年課税では年間の贈与額の合計が110万円以下であれば非課税ですが、それ以上であれば大きな贈与税がかかってしまい、生前贈与を抑える効果があります。

 贈与税のもうひとつの方法である「相続時精算課税」とはいったいどのようなものでしょう?

 これは簡単に言うと『生前の贈与の際には贈与税をとらないけど、相続時には相続税と一緒に精算してもらうよ』という制度です。

 つまり高齢者が持っている資産を遺産としてだけでなく生前にも若い世代に贈与できるようにし、国の経済を活性化しようという目的で導入されたものです。 しかしこれでは高齢者の財産に対して相続税と贈与税が課税されないことになってしまうため、贈与財産を相続税に合算することで不平等をなくする「相続時精算」課税制度ができました。

 

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。