第380話 相続時精算課税 (4)

010e45f0f86500463ccf2482b23197b1_s

 しかし、相続時精算課税はいいことばかりではありません。次にデメリットを上げてみたいと思います。

 価値が大きく上がったり下がったりするものには、代表的なものに土地があります。

 例えば、この制度を利用して土地を贈与しますと相続時に「小規模宅地等の特例」が適用できなくなり、結果的に増税になるケースもあります。

 また生前に贈与を受けた土地や建物などは、物納に使えなくなります。

 さらに不動産を生前に贈与すると、登録免許税が2%となりコストがかさみます。(相続時に不動産を取得すれば0.4%で済みます。)

 メリット・デメリットを踏まえたうえでこの制度を効果的に使いたいものです。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。