第388話 親の土地に新居を建築した場合の課税関係

448aadb19a4671bc569e28f019dd3af6_s

 土地の貸し借りが行われると通常、地代が発生します。さらに地代のほかに権利金などの一時金を借地権設定の報酬として支払うことになります。

 ところが親の土地に子供が家を建てると、親は子供から地代や権利金を徴収しづらいものです。無償で土地を借りることを「土地の使用貸借」といいますが、親の土地を使用貸借して子供が家を建てた場合の課税関係はどうなるのでしょうか?

 土地を使用する権利については、税務上は0として取り扱われるので子供に借地権相当額の贈与税が課されることはありません。しかしこの土地を親から子供に相続するときには、この土地は他人に賃貸している土地ではなく自分が使っている土地として評価することになります。つまり、貸宅地としての評価額ではなく更地としての自用地としての評価額となります。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。