第409話 大きく変わる相続ルール (3) 

56f5a148a5a12416b75455169a6f6e48_s

 ~ 婚姻期間20年以上で遺産分割から除外 ~

 相続法制の改正案では、婚姻期間が20年以上の夫婦であれば、配偶者が生前贈与や遺言で譲り受けた自宅や居住用土地は原則として遺産分割の対象から外すことができることも盛り込まれています。

 生前贈与をしたことを考えれば、妻に老後を安心して生活して欲しいという夫の願いを考慮し、新たな制度では住居が遺産分割の対象外となりました。婚姻期間が20年以上であれば、配偶者が生前贈与などで得た住居は「遺産とみなされない」という意思表示があったと推定する規定を民法に加えることになったのです。これにより、遺産分割のために住み慣れた家を売却せざるをえないケースが減ることになります。

 新たな制度では、前話の例でいえば遺産は預貯金の3,000万円だけになり、妻は3,000万円の家に加え、預貯金1,500万円を相続でき、子供の取り分は預貯金1,500万円のみとなります。

 

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。