第412話 大きく変わる相続ルール (6) 

7d857e7d00e7d2849fa075bc609c55b9_s

 ~ 自筆証書遺言のトラブル防止 ~

 

 家庭裁判所が記載内容を確認した2017年の「自筆証書遺言」の件数は、10年前と比べて1.3倍に増えています。 「終活」への関心の高まりや自分の死後のトラブルを避けるため、自筆証書遺言を書き残す人が増えているとみられます。

 ですが、この自筆遺言書が原因で相続が「争族」になってしまうケースが多々あります。

 遺言書の存在が相続から何年も経過した後に発見されて遺産分割協議がやり直しになったり、発見した者が変造したり破棄してしまって遺言が執行されない危険性がありました。そこで生前に書く自筆証書遺言を公的機関である全国の法務局で保管できるようにして、相続人が遺言の有無を調べられる制度を導入することになりました。

 また、自筆証書遺言は家庭裁判所で相続人が立ち会って内容を確認する「検認」が終わらなければ遺言の執行ができませんでしたが、自筆証書遺言を法務局に預けた場合には、「検認」の手続きがいらなくなりました。

 さらに、自筆証書遺言が「全文を自書する」ことが成立要件とされているために、誤字などによるトラブルも起きていたことから財産の一覧を示す「財産目録」はパソコンでの作成を可能にするようになりました。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。