第413話 大きく変わる相続ルール (7)

6ccd12bb15d607dd0bf01f46db2c0f7a_s

~ 遺留分見直しで事業承継後押し ~

 

 中小企業の事業承継では遺留分制度が大きな障害になることがあります。相続人が複数いた場合に、自社株式を後継者に集中させようとすると、他の相続人の遺留分を侵害してしまい、結果として自社株式を相続人の間で分散保有せざるを得ないという問題が指摘されています。

 現行は遺留分の基礎財産に含める贈与の期間制限はありません。共同相続人への贈与などはどれだけ昔のものでも持戻しの対象としておりますが、改正案は、相続開始前の10年間の贈与に限定することになりました。

 早期に自社株式を後継者に贈与して10年経過すれば、このような遺留分の問題は生じないことになります。事業承継税制の拡充に伴い、自社株贈与の早期移転がより可能になりそうです。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。