第414話 生命保険金活用術 (1)

5cc0b4e7e75a721b3c106e57dbc4029f_s

 生命保険の活用は相続税を節税する上で多くのメリットがあります。何と言っても非課税額の大きさが一番ですが、遺産相続の2大トラブルと言われる「納税資金が用意できない」、「相続人の間での争族」という問題を回避しやすくなるというメリットもあります。さらに、相続人を指定して財産を渡したり、相続人以外の人にも財産を渡したりすることが可能なのです。

それぞれのメリットを見ていきましょう。

 

1.非課税枠がある

生命保険の相続には非課税枠というものが設けられています。500万円×法定相続人の数=非課税限度額となります。

 

2.相続人が多いと効果がさらに発揮される

前述のとおり、生命保険では500万円×法定相続人の金額までは非課税です。そのため、相続人が多ければ多いほどこの保険を使った節税方法は効果を発揮します。

 

3.特定の相続人を受取人に指定できる

特定の相続人だけを保険金の受取人に指定することができます。生命保険は法定相続分とは別扱いができるため、被相続人の間でおこなう遺産分割協議とは関係なく財産を渡すことができるのです。

相続人の中でも特に可愛がっていた子供に多くの財産を残してあげたい時など、他の相続人に知られる事なく財産を残せます。

 

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。