第422話 メルカリ所得 (2)

ef759203d999cd6ce06c252d41db74eb_s

 生活用動産といえども、貴金属や宝石、書画、骨董など、1個あるいは一組が30万円を超えるものの売却は、生活に通常必要な動産とみなされず、譲渡所得が発生する点にも注意が必要です。

 気になるのは、原則として、非課税である通勤用の車が、30万円を超える額で売れた場合は、どうなるのでしょうか。

 そこは、30万円超であっても通勤用のマイカーであれば非課税ですが、フェラーリやベントレーといった高級車であれば通勤用に使っていたとしてもぜいたく品として課税される運用がされています。

しかし課税されたとしても、一般の資産には50万円の特別控除があるため何かしらを譲渡して50万円の利益を得ても実質は非課税となり、確定申告も不要となります。

各国税局にはインターネット取引を担当する「電子商取引専門調査チーム」という専担部署があり、メルカリやヤフオクといったネットオークションで生じた所得を捕捉しようと日々監視を続けています。実際、16年度だけでもネットオークションを対象に414件の税務調査が実施されています。この1件当たりの申告漏れ所得金額は1,093万円となっております。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。