第427話 財産隠し (1)

594e018abcfb3f4e0bb227e6a1d11f25_s

 平成28年度の相続税の実地調査は12,116件で、前年度から181件(1.5%)増加しています。ここでは、特に申告漏れが多い「現金・預貯金」を隠した事例を紹介します。

 

ケース1 ~ 投資信託財産を無申告 ~ 基礎控除額以下を装う

 

 親族の死亡で財産を取得したAさんは、期限内に相続税申告をせず、税務署から「申告の必要があるのか確認してほしい」との問いに、財産は基礎控除額に満たないので申告していないとの回答をしました。

 しかし実態は、相続開始前に被相続人名義の投資信託を解約し、Aさん自身の預金口座に入金していました。解約手続き後には関係書類を破棄していました。

 国税当局の追及を受け、Aさんは基礎控除額よりも多額の相続財産があることと、虚偽の回答をしていたことを認めました。

 申告漏れ財産は1億4千万円に上り、重加算税込みの追徴税額は2,300万円となりました。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。