第428話 財産隠し (2)

34a17fc4cc59e627d0afb7c510a33e5b_s

ケース2 ~ 海外預金ならバレないはず~ 国外送金等調書で発覚 

 

 国税当局の相続税調査を受けたBさんは、海外資産の有無を問われ、「国内しか財産はない」と答えました。

 しかし税務署は、相続時点で海外に資産があり、相続発生後にはその国の銀行からBさんの口座に送金があったことを調べ上げていました。

 当局が最も参考にしたのが「国外送金等調書」でした。これは、国外への送金や国外からの送金があると、銀行が税務署にその情報を報告する仕組みです。

 Bさんは海外預金に動きがあっても税務署に把握されないと考えていましたが、海外からの送金は筒抜けになっていました。

 申告漏れは1,900万円。重加算税込みの追徴税額は300万円でした。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。