第443話 生命保険を活用した相続税対策 (1)

4d8819d632717e5587dbce11204ce4d1_s

 生命保険は遺族の生活維持や契約者の老後保障に使われますが、うまく活用すれば相続対策にもつながります。具体的には、以下の通り。

 

  • 保険金を相続税の納税資金として活用する。
  • 相続税の生命保険金の非課税限度額(500万円×法定相続人の数)を活用する。
  • 保険料を子供に贈与した時の生命保険金は、所得税の一時所得になり、相続税として納めるよりも有利な時がある。
  • 会社は役員退職金支給の原資として活用できる。

 

これから相続対策に関連する部分についてみてみましょう。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。