第479話 日産ゴーン元会長の税逃れ

8fcb5843c8fc4a7ad02dcdd129d60632_s

 日産ゴーン元会長の逮捕容疑は、あくまでも有価証券報告書の虚偽記載(金融商品取引法違反)ですが、専門家の間では「金融商品取引法違反だけでここまで動くとは考えにくい。ゴーン元会長の税逃れの追及こそが一番の狙い。」という見解が強く、所得税を過少申告している疑いがあります。

 そもそも国税当局が上場企業の有価証券報告書と役員の税務申告書の突合せをするのは当然のことで、ゴーン元会長が脱税目的で有価証券報告書の数字を確定申告書の数字に合わせたとみるのが自然です。そう考えるとゴーン元会長が50億円を過少申告していたと推測されます。

 仮に本来の報酬が年間20億円で、10億円少なく申告していたとすると、4億5千万円の過少申告となります。逮捕容疑の通り5年分の不正なら22億5千万円、一部報道の通り8年だとしても税法上の7年の時効があるため、最大で31億5千万円程度になると見られています。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。