第480話 収入印紙の還付

1d158984eba69904192c0a9ca61259e4_s

 収入印紙の還付を受けられるのは、誤って過大に印紙を貼り付けた時や、課税対象ではない文書に貼った時、損傷などが理由で印紙が使えなくなった時に限られます。いったん契約が成立した際に文書に貼られた印紙は、解約になったとしても還付を受けられません。

 印紙の還付を受ける際は、税務署に「印紙税過誤納確認申請書」と還付請求の対象となる文書を提出します。対象となる文書を作成した日から5年以内に還付請求することが条件です。

 登録免許税の納付や役所などへの手数料の納付のために使用した収入印紙に過誤納が生じた際の還付請求先は、税務署ではありません。登録免許税は法務局に。役所の手数料はその役所に還付請求します。なお、未使用の印紙や、汚れ・破損のある印紙は、最寄りの郵便局で交換することができます。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。