第485話 金蛇水神社 仙台一番町分霊社

332a106c56a5d52fa005fa366c3d8283_s

 一番町4丁目商店街、仙台三越の本館と定禅寺館の間にある小さなお社、意外と参拝している方が多かったりします。ビルの谷間にあるので見逃してしまいそうですが参拝するとなんとなく心が休まる気持ちになれるホットスポットです。

 相続税法では、墓地や仏具などの礼拝にまつわる財産は相続税の非課税財産として扱われます。礼拝の対象として住宅の敷地内に設けられている神の社や祠も同様で、その社や祠がある土地にも相続税は課税されません。

 2012年までは土地に限り課税対象でしたが、裁判所で納税者の主張が認められ、同年7月以降は課税対象から外されました。

 非課税対象となる土地は、日常的に礼拝の対象とされているご神体と密接不可分のものに限られます。ここでいうご神体とは、不動尊、地蔵尊、道祖神、庚申塔、稲荷などで、親族もしくは地域住民の信仰の対象とされているものを指します。

 社の土地を非課税にするには、その土地が礼拝に必要であることを証明する必要があります。具体的には、社や祠がコンクリートの土台で土地に固定されていて移動できないことや、土地の一部を参道として使っていることなどを証明することになります。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。