第489話 シロアリ対策

d7a94c0d8a1782aef3e2ce83bb15e927_s

 災害や盗難などで資産に損害を受けた人は、損害額のうち一定額を所得から差し引ける「雑損控除」の適用を受けられます。

ここでいう損害には害虫によるものも含まれ、シロアリ被害でマイホームの修繕が必要になった時の費用や、シロアリの駆除費用の一部を所得から差し引くことができます。控除できる額は「損失額-総所得金額×10%」と「損失額のうち災害関連支出の金額-5万円」のうち高い金額となります。お気に入り詳細を見る

ただし雑損控除で注意が必要なことは、被害を予防するための費用は対象にならないことです。シロアリの被害は受けていないものの、近所でシロアリが発生したので念のために駆除剤をまいてもらうといったケースでは控除対象から外れてしまいます。

最近は駆除と予防を兼ねた対策を講じる業者もありますが、雑損控除を適用するにあたっては、必ず予防に必要な費用と駆除に必要な金額を明確に分けて請求させる必要があります。

 

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。