第507話 狙われる売れ行き好調な軽自動車

09ef73f0daa0274ee3adb0cf3ff3b228_m

 自動車販売の業界団体は、去年の国内新車販売台数が前年比0.7%増の527万2067台だったと発表しました。この2年連続の500万台の大台超えを牽引したのはまさに軽自動車でしたが、10月の消費税率引き上げ時には需要の急激な冷え込みに自動車メーカーは戦々恐々としております。

 というのは、今秋には軽自動車販売の曲がり角になる可能性があるからです。

 2019年度税制改正では、10月1日に消費税率を10%に引き上げる際の駆け込み需要を抑えるため、増税後に購入した登録車に課される自動車税を最大年4500円減らすことが決まっていましたが、軽自動車については見送られております。維持費が安いことで魅力を維持してきた軽自動車にとっては、客離れが心配されるところです。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。