第509話 正当な理由

e3b1b8f455333bfff2ea53518c4ad96f_s

 税務申告書の提出が法定期限後になりますと、納税額が割り増しになりますが、期限後申告がど忘れや故意などによるものではなくて「正当な理由」であるものと税務署に認められれば、期限後申告でも加算税は加算されません。この「正当な理由」については、納税者と税務署では見解の相違が生じることが多くあります。

 国税不服審判所で争いになった事例では、法人税の申告書を法定期限内に郵便ポストに入れたものの、郵便の収集時間後だったために消印日付が期限後になってしまった事例があります。裁決書によりますと、上司から申告書を提出するように言われた社員が、仕事の忙しさにかまけて、申告書を期限ぎりぎりにポストに入れた事例です。会社は加算税の課税処分の除外要件に該当すると主張しましたが、審判所は「正当な理由」には当たらないとして課税処分は妥当としました。

 税務署が正当な理由ありと判断する境界線は明確なものではなく、一旦指摘を受けたらその判断を覆すのは難しいと言わざるを得ません。あらかじめ期限内に申告できないやむをえない理由があるのならば、税務署に「申告期限の延長申請」を事前に提出して期限を先延ばしにするようにしましょう。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。