第527話 2019年度税制改正大綱(2)~空き家の相続特例~

c09c4c3eb8a23effcc40c128d36447e6_s

祖父母や親から相続した空き家を売却した際、最大3千万円を譲渡所得から差し引き、税負担を軽減する特例措置を2020年以降も継続します。

 また特例を受けるためには「相続の直前まで親が居住」していたことが要件となっていましたが、相続直前に被相続人は老人ホームなどに入居している場合が多く、使い勝手が悪かったことから、要件を緩和することになりました。見直しでは、相続直前まで自宅に住まずに老人ホームに入っていたケースでも、被相続人がある程度使用していれば優遇措置が受けられるようになりました。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。