Skip to content

第528話 2019年度税制改正大綱(3)~自動車減税~

f5fbaf224bcd0835ba3f4be1dd691cbc_s

 2019年10月以降に購入・登録した新車について、所有者が毎年支払う自動車税を恒久的に減税します。

 自動車は排気量や重量に基づいて課税されていますが、政府は電気自動車の普及や、車を所有せずに共有する「カーシェアリング」が増えていることから、「保有」から「利用」に重きを置いた課税制度に変更することを検討しています。その見直しに先立ち、大綱では排気量に応じて毎年かかる自動車税の減税を盛り込みます。排気量が小さいほど減税額は大きくなり、一台当たり1,000円~4,500円の減税となります。

 また自動車の購入時には、取得価格の3%が自動車取得税としてかかりますが、現在は燃費に応じて20~100%分が減税されています。今年の4月から9月にかけて取得税の減税幅を縮小し、消費税増税後はこの取得税を廃止して燃費に応じて取得価格の0~3%を納める新たな「環境性能割」を導入します。増税後1年間に限り、税率を1%分引き下げ、「0~2%」にします。

 自動車税が軽減される一方で、車検時に納める自動車重量税などを軽減するエコカー減税は減税幅を縮小します。また、2回目の車検で免税対象となる車種は電気自動車や20年度基準を90%上回る車に絞り込むそうです。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。

Scroll To Top