第536話 消費税増税時のポイント制

c46105923094393da1f5d926cb4c399b_s

 10月の消費税増税にともない、初の複数税率制が始まります。生活必需品として、食料品と一部の新聞が8%税率に備え置かれます。新聞は週に2回以上発行することが要件になります。食料品は、なぜか外食すると備え置き税率(8%)になりません。イーストインコーナーがある店では、テイクアウトだけが8%税率になります。ただでさえややこしい税制ですが、さらに納税者の理解を困難にする策として、安倍政権ではポイント制の導入を検討しています。

 ポイントは、中小事業者の小売店でクレジットカードなどのキャッシュレス払いをすると、購入金額の5%相当をポイントで還元するというもの。この5%分は政府が負担します。ただし、対象が中小事業者であるため、コンビニなどのフランチャイズ店などの「大手」は、ポイント還元率を2%としています。

 例えば、大手スーパーでオロナミンCをカードで買うと、飲食料品として8%の消費税を支払いますが、これをコンビニでカードで買えば2%ポイント還元されて実質6%の負担となります。一方、大手スーパーでリポビタンDを買えば医薬部外品なので10%税率となりますが、これを中小の小売店でカード払いすれば5%還元され実質5%の負担となります。複雑怪奇なこの税制、みなさんは理解できますでしょうか?もっと不可解になるのが、自動販売機の扱いです。これについては次回ご説明します。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。