第559話 まちがいやすい土地評価

27e59a99b83d231c36bcf94d44a459dd_s

 土地の評価方法には路線価方式と倍率方式があります。主に都市部においては路線価方式が用いられ、地方においては倍率方式が用いられます。

 この2つの方式の境界上にある土地については、どのように判断をすべきでしょうか。

 

 まず、対象となる土地の地域が評価倍率表に記載されているかを確認します。全て路線価方式となっている地域は評価倍率表に記載がありませんので、こちらを確認し該当地域があることを確認します。なお、該当地域に一部路線価地域となっている場合も評価倍率表から読み取ることができます。

 次に路線価図を確認します。対象となる土地が接している道路に路線価がついているかどうかを確認し、路線価がついている場合には路線価方式で評価を行います。

 このようにして、対象となる土地の評価方法を決定し、その方式に従って評価を行うこととなります。

 なお、道路に路線価が付されている地域でも、国税局によっては倍率方式によって評価を行わなければならない場合もあるので、評価を行う際は専門家に依頼することをお勧めします。

 

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。