第573話 猫虐待

cae9e6c87cc1a5b856eef123ed7f7b9b_s

 他人の飼い猫を盗んだとして富山県内の50代の男が窃盗の疑いで逮捕されました。調べによりますと男は容疑を認め、「猫は死んだので捨てました。猫をケージに閉じ込め十分なえさを与えず棒でたたくなどして虐待を加えた上で殺しました。ニャーニャーと泣いている姿で楽しめました。」などと話しているそうです。盗んだ猫は100匹近くに及ぶと見られています。

 動物愛護法では動物の生存権を尊重する視点から野良犬や野良猫を殺傷・虐待した者への懲役や罰金刑を定めていますが、刑法上の窃盗では動物は生存権的な視点のない「器物」として把握されます。また民法上は「生命のある動産」として扱われます。どういうことかと言いますと、電車に置き忘れたペットは遺失物扱いとされますし、殺害すれば器物損壊という扱いになるということです。

 かつて、宗教法人が行うペット葬祭が収益事業にあたるかどうかが争われた事件がありましたが、最高裁は法人税を課した税務署の処分を認めました。たとえ宗教法人が行おうとも、ペット葬祭は対価にお布施などの喜捨の性格はないというのが現在の司法の判断です。

 なお、猫は「器具及び備品」として扱われ、ペットショップでは商品として資産計上されます。では、ペットショップ以外の事業者が飼っている動物を減価償却できるのかといえば、例えば番犬扱いにすればそれは可能となります。ちなみに耐用年数は8年となります。ポイントになるのは、事業の用に供しているのかどうかです。例えば、とても番犬代わりにならない猫であっても、チラシに載せて集客効果があると税務署が認めれば、まぎれもなく「事業の用に供している」と言えることになります。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。